ヘルペスウイルスの基本そもそもヘルペスって?ヘルペスウイルスの基本について学びましょう。 正しく知ることで上手に対処していくことができます。

  1.  

携帯でhttp://herpes.jpにアクセス!

ヘルペスとは?

ヘルペスは、ウイルスによる感染症です

ヘルペスウイルスによる代表的な病気に、
口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹(たいじょうほうしん)があります

「ヘルペス」とは、水ぶくれが集まった状態のことをいいます。
これは、「ヘルペスウイルス」による感染症で、人間に感染するヘルペスウイルスは8種類が知られています。
感染するウイルスにより症状はさまざまで、代表的な病気に、「単純ヘルペスウイルス」による口唇ヘルペス、性器ヘルペス、「水痘・帯状疱疹ウイルス」による水ぼうそうや帯状疱疹があります。

ヒトに感染するヘルペスウイルスとは?(種類と症状)
ウイルスの種類 主な病気
単純ヘルペスウイルス1型 口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症、角膜ヘルペスなど
単純ヘルペスウイルス2型 性器ヘルペスなど
水痘・帯状疱疹ウイルス 水ぼうそう、帯状疱疹
エプスタイン・バーウイルス 伝染性単核症
サイトメガロウイルス 肺炎、網膜炎
ヒトヘルペスウイルス6 突発性発疹、脳炎など
ヒトヘルペスウイルス7 突発性発疹
ヒトヘルペスウイルス8 カポジ肉腫

ヘルペスウイルスは、とても身近なウイルスです

「ヘルペス」と聞くとこわい病気のように思えるかもしれませんが、誰もが感染している一般的なウイルスです。
たとえば、水ぼうそうはほとんどの人が子供のころにかかったことがあるでしょう。
また、単純ヘルペスウイルス1型には50~70%、2型には5~10%の日本人が感染していると言われています。
ヘルペスウイルスは、感染していても普段は症状が出ない人も多いのです。

単純ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペス、性器ヘルペス

口唇ヘルペスの症状のイラスト単純ヘルペスウイルスは、体のどの場所にも感染し、皮膚に水ぶくれを起こします。代表的なものとして、唇の周辺にできる「口唇ヘルペス」と、性器周辺にできる「性器ヘルペス」があります。
症状としては、小さな水ぶくれがいくつかできて、痛がゆい状態が続きます。やがて水ぶくれが破れてかさぶたになると、1~2週間ほどで治ります。
治療には、主に抗ヘルペスウイルス薬(=抗ヘルペスウイルス剤)が使われます。
その後も風邪で熱を出したり、疲れたりすると再発することがあります。またヘルペスは大人だけの病気ではなく、子どもがかかりやすいものもあります。

水痘・帯状疱疹ウイルスによる水ぼうそうと帯状疱疹

帯状疱疹の症状のイラスト日本では小さな子供のときなどに「水ぼうそう」にかかる人が多いようです。水ぼうそうの原因となるのが、水痘・帯状疱疹ウイルスです。
水ぼうそうは発熱と全身に水ぶくれを起こしますが、水ぶくれはやがてかさぶたになり、通常2週間ほどで治ります。
しかし、水ぼうそうが治った後も、ウイルスは体内からいなくなるわけではありません。何十年も体の中に隠れて(潜伏して)おり、年をとったりして免疫が低下すると「帯状疱疹」として発症します。帯状疱疹は、主に体の片側に痛みを伴った赤い発疹(ブツブツ)、水ぶくれを起こします。

このページの先頭へ
  1.