GH Herpes.jpGH(性器ヘルペス)はありふれた病気。悩んでいるのは決してあなた一人ではありません。
  1. GH(性器ヘルペス) HOME
  2. GH(性器ヘルペス)とは?
  3. GHの現状

GHの現状

GH(性器ヘルペス)は性感染症の一つです。GHはありふれた病気ですが、一度感染するとウイルスは神経節に潜伏し、ときどき再活性化するために再発を繰り返します。一般的に症状は、初感染では重く、再発では軽いことが多いようです。
GHと上手につきあうために、GHにまつわるデータや情報をご紹介します。

GHの発生状況

日本でのGH患者数(症例数)は年間72,000人と推定されています。下に示したグラフは、全国的に行われた性感染症受診患者調査における、GH患者さんの年齢別、性別の割合を示したものです。このグラフからは、以下のようなことがわかります。

GH感染症の年齢別発生状況のグラフ
  • GHにかかっている患者さんは、男女とも20代以降の性的活動が活発となる年代に多くなっています。
  • 女性では、男性よりも若い年代の16・17歳ぐらいから患者さんが増え始めます。
  • 他の性感染症と違い、50~60代の患者さんが比較的多いのもGHの特徴です。
  • どの年代でも男性より女性のほうが多く、女性がよりかかりやすい病気といえます。

単純ヘルペスウイルス2型に感染している人のうち、60%は何らかの症状があるのに本人は気づいていないといわれます(注1)。自覚症状がない場合もあり、患者さん本人が病気に気がつかないまま、性行為を通して広がっている現状があります。

(注1)Corey.L:Sex Transm Dis ,21,2 Suppl , S38 (1994)より

このページの先頭へ
  1. GH(性器ヘルペス) HOME
  2. GH(性器ヘルペス)とは?
  3. GHの現状